親友とそうでない人の違い

親友とそうでない人の違い

あなたには、親友と呼べる人はいますか?

知人や友達、親友とでは、どのような違いがあるのでしょうか。

知人は顔見知り程度で、特に深い話をするような関係ではありません。

友人は、どこか一緒に遊びに行ったり、話をすることはあっても、やはり少し距離があるものです。

ですが、一番多いのは、友人と呼ばれる存在ではないでしょうか。

では、親友とは、何をもって親友と呼べるのでしょうか。

親友といっても、いきなり親友になるわけではありません。

友人から、信頼できる親友へと変わっていくのです。

親友とは、家族にも友人にも話せない事を話せる、唯一の存在です。

何か悲しいことがあったとき時や、楽しいことがあった時に、それを共有できる人物が親友と呼べる人です。

友人などとは違い、自分のことをさらけ出すことができるのが親友です。

しかも親友は、付き合いが長くなることで友人から親友へと変わることが多いので、お互いのことを、隅々まで知っているという特徴があります。

お互いのことを隅々まで知っているということは、何かを相談しても分かり合えるという利点があります。

ですから、親友という存在は、ストレスなどをためないためにもとても大切な存在です。

親友が1人もいないという人は、今いる友人の中から、一番信頼できる、何でも話せる相手を見つけてみましょう。

そうして色々と相談しているうちに、親友へと変わっていくのです。

こちらが親友だと思っていても、相手はそう思っていないという場合があります。

これは、気持ちのすれ違いで、自分にはとても合っているけど、相手からすると、自分はあまり合わないと思っている場合に起こることです。

ですから、親友だと思っている相手にも、君の事は親友だと思っている、とはあまり言わない方がいいかもしれません。

相手がそう思っていない場合は、それを重たく感じてしまい、距離を置かれてしまうかもしれないからです。

親友を失わないためにも、その人のことを親友だと思っている事は秘密にしておき、自分にとって大切な親友を大事にしていきましょう。

大事にすることで、相手も自分の事を親友だと思ってくれるかもしれません。

自分ばかりが親友だと思っていても、相手はただの友人としか見ていない場合、それを知ってしまうととても悲しい気持ちになります。

ですから、お互いに親友だと呼び合えるようになるように、自分の話ばかりではなく相手の話もしっかりと聞いてあげることで、相手も自分のことを親友だと思ってくれるかもしれません。

親友作りは、友達作りに比べてとても難しいものです。

自分のことをすべてさらけ出せるような相手を見つけたら、その人が親友になるように大切にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました