パパ活で妊娠するリスクってどのくらいあるの?

パパ活で妊娠するリスクってどのくらいあるの?

パパ活の種類

パパ活には、街中をデートする、一緒に食事をする、ホテルへ行くなどさまざまなケースがあります。

「セックス」となると男性側が支払う金額も高くなるため、ついつい身体を許してしまう女性も多いです。

パパ活のリスク」

当然ながら、若い女性にとって見知らぬ男性と会うことだけでも大きなリスクを伴います。

そしてパパ活のほとんどは男性の欲に起因しているので、セックスへと進んでしまう可能性も高くなりがちです。

最初は食事だけという約束でも、同じ相手と何度も会っているうちにそのままホテルへ、というパターンやお酒を飲んで気分が悪くなる、終電を逃すといったハプニングが起きて、そのままお泊まりとなるパターンもありますね。

妊娠する可能性

男性が避妊しているといっても、事前にそれを確実に確認することは難しいですよね。

きっちり避妊してくれる男性ばかりとは限りません。

そうなると、すべてのリスクは女性が負わなければならないのです。

「もし妊娠が発覚したら・・・」

パパ活においては、お互いそれほど素性を明かすことなく会うことが多いので、もし妊娠が分かっても相手に連絡が取れるかどうかわからないことも多くなります。

例えばSNSが唯一の連絡手段という相手だと、ブロックされてしまうとあとは自分で対処するしか方法はありません。

パパ活においての妊娠については、女性の側が圧倒的に不利な状況になることが多く、しっかりとリスクを考えての行動が必要です。

パパ活
パパ活の条件と愛人の違いが解るサイト
タイトルとURLをコピーしました