未来でなく、近場の幸運をもたらすためのツールになる

未来でなく、近場の幸運をもたらすためのツールになる

占いの館だったり、電話占いを利用することもあります。

占い師も天性の持ち主という人はやはり有名になっていますが、自分の能力がコワくなり、隠しながら占ってくれる鑑定士も少なくありません。

本当に大切な決断を迫られたときだけ、イエスかノーか、二択から選ぶ必要があるときに占いに頼ることもあります。

能力によっては人の寿命までが分かることもあるようですが、天命をまっとうできるか否か、寿命を知ったからといって残り時間を気にしながら生活することは決して幸せではないでしょう。

個人的な意見ですが、幸せより焦りがあるでしょう。

だからこそ、未来を占うことは拒否されます。

私も実際、「どれくらい生きられますか」と質問したこともありますが、答えれないと拒まれました。

占いを利用したり、実際に自分でもタロット占いをしていますが、調子に乗ることは決して良い結果を招きませんでした。

つい見栄を張って、できもしないことをできると言い、自分の首を締める結果になったとき、占い師を頼りました。

これから先どうなるのか、どう行動したら良いのかが分からなかったからです。

その場の気分やひらめきだけで発言したことをズバリ言い当てられました。

好きな人に振り向いてほしくてホラを吹きました。

いったんは注目を集めても、すぐに飽きられてしまうと言われてしまいました。

まず、自分の周囲の状況を見回してくださいと言われ、身近なところ、すぐ近くに悩みを解決する糸口があると言われた通り、共通の友人が間を取り持ってくれました。

占いは決してアテにしないこと、ですが、幸運の使者、アイテム、ツールになることは確かだと思えます。

タイトルとURLをコピーしました