人付き合いが苦手な人でも友達を作れる方法

人付き合いが苦手な人でも友達を作れる方法

学校や会社などに、人付き合いが苦手そうな人を見かけたことはありませんか?

そういった人は、大抵人見知りの人です。

人見知りとは、誰かと話をしたいけれど勇気が出ずに、自分を押し殺してしまっている人たちのことです。

人見知りの人は損をしやすく、暗いと思われてしまったり、あまり人付き合いをしたくないのかと勘違いされがちですが、そういうわけではなく、やはり誰かと話をしたり、友達を作りたいと日頃から思っているのです。

ではそのように、人付き合いが苦手な人でも友達を作れる方法とは、一体どのようなものなのでしょうか。

一番良いのは、勇気を振り絞って気になる相手に話しかけることですが、どうしてもそれができないのが人見知りの人です。

少しでも変わりたいと思っている人は、今までの自分のキャラクターを壊して、自分は人見知りをしない人だと周りに思わせることで、どんどん人と仲良くなることができます。

ですが、そういう人はごく稀で、やはり話しかけようと思って一歩踏み出してはみるのですが、なかなか話しかけられないのが現実です。

特に新しい職場や新しい環境に投げ出された時、人見知りという人は、それだけでもストレスになってしまいます。

1人でも仲の良い人ができれば良いのですが、それまでが長いのです。

まずは、新しい環境に行ったら、とにかく勇気をふりしぼり、1人だけでも仲良くできそうな人を見つけることです。

そうすることで、その1人の友人からが輪が広がり、たくさん友達を作ることができるようになるのです。

それがどうしても難しいようであれば、現実で話しかけることができなくても、インターネット上ではそうではないはずです。

ですから、インターネットでSNSサイトなどを利用して、友達を作るというのも1つの方法です。

そして、できるだけインターネット上だけで終わらせず、現実世界でも会うようにして、本当の友達になりましょう。

インターネット上だけの付き合いだと、とかく疎遠になりがちです。

そうなってしまうと、せっかく仲良くなった人なのに、なんだかもったいないとは思いませんか?
ですから、できるだけリアルでも会うようにして、絆を深めていきましょう。

そうすることで、自分には友達を作ることができるんだ、という自信がわき、職場や学校などでも、少しずつ人に話しかけられるようになってくるでしょう。

いきなり現実世界で人に話しかけるのが無理でも、他の方法を利用して、少しずつ克服していくことが大切なのです。

あまり無理をしすぎて、ストレスになってしまわないように、自分ができる事から始めてみましょう。

そうすることで、気付けば友達が増えていっていくことでしょう。

そして、友達はたくさんいればいいというわけではありません。

1人でも信頼できる友達がいれば、それだけで良いのです。

ですから、友達が多い人をうらやましいと思う必要はありません。

友達が多いからといって、幸せだというわけではないのですから。

タイトルとURLをコピーしました