パパ活においての条件ってどんなことを指すの?

パパ活においての条件ってどんなことを指すの?

パパ活をするにあたって、女性もパパも条件を最初に決める場合があります。

はじめにまずは双方とも「お金」が重要となってくるでしょう。

パパがどのくらいまで出せるのか、そして女性がどの程度欲しいのか。

そこから月に何度会うのか、何時間会うのか、どのようなことをするのか。

それを事細かく決めていかなければなりません。一カ月まとめてなのか、それとも会うごとになのか、支給日についても要確認です。

お金の次に「大人の関係」があるのかも重要となってきます。

食事をするだけ、お茶をするだけ、それ以上に進まなくても良いというパパも居れば、それ以上の深い関係になりたいというパパもいます。

予め大人の関係があるのか、無いのかは確かめておくべきです。

次に服装の条件などもあります。

パパによってはカジュアルな服装がNGのパパもいます。

エレガント系やお嬢様系などの綺麗系を好むパパが多く、TシャツやGパンなどのラフな格好では一緒に歩きたくないというパパもいます。

予め衣装を用意する必要もあるので、服装についても抑えていく重要な条件となります。

買い物や物資などの支援もしてくれるのかの条件などもあります。

これはパパに対しての条件ですが、お金の支援だけではなくカバンや服などの衣装類の支援や、食品や生活必需品を購入してくれるのかなども条件としてあげられることがあります。

お金の額面が少なくとも、物資でならば…というパパもいるので、額面だけではなく物資の支援の条件も見ておきたい一つです。

パパ活はパパの愛人になるのと同じ意味ですか?

パパ活はパパの愛人になるのと同じ意味ですか?

パパ活によるパパとの関係は、今まで一般的にいわれてきた愛人になるのとは違います。

ではいったいどこが違うのかを解説します。

パパの愛人になるわけではない

パパ活をしてパパができても、女性がパパの愛人になるわけではありません。

なぜなら愛人の場合は、女性側にはっきりとした恋愛感情があるからです。

たとえ金銭的な援助がなくても、恋愛感情があるからパパと付き合う女性もいます。それが従来の愛人です。

ですがパパ活でパパができた場合、女性にはっきりした恋愛感情があるとは限りません。

それどころか恋愛感情はまったくなく、お金欲しさにパパ活を始める女性がほとんどです。

この点がパパの愛人になるのと明確に違う点です。

パパ活でパパができても愛人になったと呼ばれないのは、パパに対して女性が基本的に恋愛感情を抱いていないからです。

愛人に近い状態になる女性もいる

パパ活でパパができても基本的に愛人とはいわれませんが、何事にも例外はあります。

たとえば最初の出会いはパパ活で、それをきっかけにパパのことを本気で好きになってしまうケースです。

このケースだと本来のお金目的でパパと関係を築いているわけではなく、純粋に好きだからパパと関係を築くことになります。

それだと従来の愛人とほとんど同じですので、きっかけはパパ活ですが愛人のような状態になることはあります。

お金目的で女性がパパ活を始めている以上そうはなりにくいですが、パパ活きっかけでパパの愛人に近い状態になる女性もいないわけではありません。

典拠・パパ活アプリ

パパ活の条件と愛人の違いが解るサイト
タイトルとURLをコピーしました